30代女性の転職の経験談

30代女性の転職活動

私は30代女性ですが、転職をしようと試みて現在転職活動まっ最中です。
そこで、今まで感じたことなどをお話しすることで、同じような境遇の人の参考になればと思います。

まず、私は今の会社にそんなに不満を持っていたわけではないのですが、
何となくこの会社でずっと働くことに対してこのままでいいのかなと思い始めました。

そこでインターネットの転職サイトに登録してキャリアカウンセラーの方に相談したところ、
一度仕事や職場をかわる方向で道を新しく探してみてもいいのではないかということになったのです。

これをきっかけに仕事の棚卸や人生設計を含めて色々と活動することにしたのです。
まず、キャリアカウンセラーの方に職務経歴書を見てもらい、
とりあえず興味がありそうな会社、自分がうかりそうな会社などの求人票を出してもらいました。

職務経歴書に関しても、その場で少しチェックが入りました。
体裁を整えるということと、職務そのものを書くだけではなく、
そこで培った力や技術について細かく書くということを指導してくれたのです。

また、実績については数字ベースのほうが相手に与える印象が具体的で良いということでしたので、
営業だったら売上だったり、
管理部門だったら何人規模の会社だったとかいう点を入れるようにアドバイスしてもらいました。

募集されている求人の数が自分が思っていたよりももっと少なくてがっかりしました。
というのも、30代に求められる能力というのは、即戦力ということだからです。

市場価値

私自身どこまでスキルがあるかというと、
「市場価値があります」と自信を持っていえるほどの仕事をしていません。
ブランクも少しあったので、その点に関して突っ込まれるということだったのです。

ちなみに、ブランクは半年程度あるとその技術や知識は陳腐化されるという意味で、
即戦力扱いしてもらうことが難しくなります。

そこで、即戦力以外の仕事というと未経験ということになりますが、
実際は20代に未経験の仕事が集中しており、30代になるとなかなか未経験の仕事というのは難しいです。

私のような30代女性が仕事を変わるということは、非常に難しいような気がしてきました。
そこで、キャリアカウンセラーの方からアドバイスを受けたのですが、
今の職務に関係のあるような資格を取得することをすすめられました。

私は経理の部署にいたので、とりあえず簿記の資格を取得することから始めることにしたのです。
また、一度仕事をやめてしまうとブランクの点も企業にとってはマイナスということでしたので、
なるべくなら仕事の合間に活動を行い、失業期間がないようにすることを心がけたのです。

仕事をしながら資格のための勉強もして仕事を探すというのは非常に大変でしたが、
今よりも条件のいいところに勤められるようになりたかったので、とりあえず頑張ろうと思って続けていました。

すぐに見つかるということはありませんでしたが、
ある時に紹介してもらった求人の会社を受けてみたところ、
採用に至ったのでほっとしましたし、また転職をして間違ってなかっと心から今思います。

私の同級生は結婚して子育をしながら仕事復帰を機に保育士になった子もいます。
学生時代にとっていた保育士免許を利用し、
さらに子育ての経験も生かせる仕事として保育士を選んだそうです。

その友人曰く今は保育士の求人がすごく増えているそうです。
さらに正規職員だけでなくパートではたらく女性も多いそうなので
主婦として待遇が良い環境が揃っていると話していました。

保育士用の求人サイトなんかを見ると納得でした。
保育士の求人転職情報→ 【保育士求人ナビ】
こういう業界に転職するのもありですよね。

公認会計士に転職した体験談

仕事と勉強の両立

大学に在学中から公認会計士の試験勉強を行っていて、
試験にも挑戦しましたがなかなか結果が出ませんでした。

そうこうしている内にあっという間に3年生になってしまい、
ひとまずどこかに就職しなければならないと思い、
試験勉強や試験の傍らに就職活動を行い、
結局保険会社に入社することになりました。

その会社は世間的には名の通った所でしたので、
家族などはとても喜んでいましたが、私の中には公認会計士になる夢があったので、
たまたま金融関係の業界を中心に就職活動をしていたら、そこから内定をもらい入社したという感じです。

試験勉強は入社後も出来ると思い、
家族などには伏せておいて密かに勉強を始めていくつもりでしたが、
実際に入社してみるとそんなに甘いものではありませんでした。

日々の残業は当たり前ですし、
入社後まもなくして殺伐とした雰囲気の社内にいることが、とても嫌になってきました。

しかしながらこのご時世ですのでいきなり転職しようとも
そう簡単には勤務先以上の会社は見つからないと思い、
流されるかのようにその会社に2年ほど居続けたのです。

勉強に専念

当然その間は公認会計士のための勉強はほとんどしていません。
しかしながらこのまま流されて、長い人生をこの会社に捧げるつもりはなかったので、
家族の反対などを押し切って退社して公認会計士の勉強に専念し、
なんとか公認会計士に転職することが出来ました。

同じような境遇の方を始め、公認会計士を目指される方の参考になれば幸いです。
退社後1年目は試験に不合格となりましたが、
転職の励みになるようにと転職支援サービス会社に登録して、
転職に向けたアドバイスやキャリアプラン作成などを行いました。

これは試験勉強の際の良い励みとなり、
試験勉強と転職に対するモチベーションが高くなりました。

こうしたサービス会社のカウンセリングの方は、
当然転職のノウハウを熟知されているので、
ただ考えられる企業を紹介するだけではなくて、
転職の意義付けや選択肢を幅広く紹介してくれましたよ。

これまで考えたことのないような業種もあって大変興味を惹かれました。

こうしたカウンセリングを受けて、
自分自身の中に確たる根拠や希望が明らかになったことは、最大の収穫でした。

2年目にしてやっと念願の公認会計士試験に合格し、
自分自身とてもほっとしましたが、陰ながら見守っていてくれた家族の喜んだ顔は、
今でも脳裏に焼き付いてます。

ただし就職していない私にとってはこの合格は転職の一歩に過ぎません。
そこでいよいよ転職活動を本格的にすることにしました。
やはりこの資格が活かせる場所は金融業界ですので、
その業界を中心に活動をしようと思いました。

ただし次に入社した際には直ぐにやめることだけは避けたかったので、
会社のブランド名だけではなく自分の力が発揮できそうな会社を、
自分の目や耳で確認して真剣に探そうと思ったのです。

ですので実際に転職活動をした際には金融業界だけではなく、
他の業種の金融や経理財務にも幅を広げて活動を行いました。

最終的には証券会社に採用が決まり、現在はそこで充実した日々を送っております。

試験勉強の合間に転職支援サービス会社を利用してみましたが、
そこで受けたカウンセリングなどはとても参考になりす。

老舗VCから投資先企業のCFOを経て、企業再生コンサルへ

再生コンサルタント

早稲田大学の理工学部を卒業された35歳Yさんの転職活動の経験談をご紹介したいと思います。
Yさんの現職は経営コンサルティングファームで仕事内容は
事業の再生や再編コンサルタントなどをされています。

仕事の内容からもとてもやりがいのあるお仕事に就かれているYさんが何故転職を考えたのでしょうか。
Yさんは今までCFO業務を中心として行っておりその中で新規事業の立ち上げも行っており、
さらには企業の経営としてすべてのことを経験されたのだそうです。

その中でYさんが常日ごろからターンアラウンドに関する仕事をしてみたいと感じており、
それを専門の分野にして活動したいという強い思いが生まれてきました。

参考:日本ターンアラウンド・マネジメント協会
そして意を決したYさんは転職することにしたのです。

こだわり

Yさんが転職活動をするに当たりとても重要視したところがあり、
それは人材紹介会社を選ぶということ。

その為にも自分の足でマーケット状況からその人材紹介会社の特徴まですべて調べ、
ここのかなり多くの時間を費やしたのだそうです。

そしてYさんが得たのは人材紹介会社がどれだけ力を持っているかどうかで、
自分のこれからの転職活動は大きく変わるということでした。

つまり人材紹介会社がクライアントとのコネクションに強いのか、数多くの案件を
持っているのかなどが書類選考の通りやすさに影響しているということまで分かったのだそうです。

そして実際に複数社の面談に足を運び、傾向と対策を立てることができたと話されています。
Yさんがどのような傾向と対策を持てたのかというと、
それは複数もの会社を受けているのですから面談で聞かれることもだいたいわかるようになりますよね。

それを面談を行っている時にノートに記載していくのだそうです。

質問内容、回答した内容、相手の表情から感触まですべてのことをノートに書いていたそうです。
こすることにより人材紹介会社の良し悪しや自分が本当に
この会社に任せても大丈夫なのかまでを考えることができると話されていました。

その結果として、Yさがんが希望していた業界から複数オファーを頂くことができたということです。
ここでYさんが今から転職を考えている方の為に以下のことをおっしゃっています。

まずはじめに転職をするといってもどの分野にいくのか、それが明確であるということ。

そしてブレない軸をしっかりと持つこと、
曖昧な志望動機ならどの企業だって採用してくれませんし、
肝心な面接だってうまくいきません。

入社してから後悔をしない為にも相手先に年収や仕事内容、
それから自分の本当にやりたいことを伝えましょう。

そして最後に大事なことは前職が嫌で辞めたなどという理由で転職活動をしないということ。

ネガティブな気持ちのまま活動をしていても、
それを評価する会社もなければ喜んで採用する会社もないでしょう。

それよりも自分のスキルアップのためだと思って転職活動を行うようにしてください。

外資系コンサルティング会社へ転職

転職活動

28歳の大手会社から外資系コンサルティング会社に勤めている
Sさんの転職活動を紹介したいと思います。

まず最初にSさんは私立の大学へ入学し理系学部を卒業しました。

そして初めの就職先である大手のSIerに入社し、
仕事はそこそこに楽しく充実した毎日を過ごしていたのだそうですが、
将来の不安を抱えてしまったのだそうです。

この不安というのはそこまで大きなものではなかったものの、外の世界を見てみたい!
体験してみたい!という気持ちに変わり転職を考えたのだそうです。

そこで出会ったのがムービン。

転職サイトとの出会い

転職サイトが沢山ある中どうしてSさんがムービンを選んだのかというと、
友人が以前利用していたことからだとか。

そして実際に面談をすると担当の方はとても親身になって話をきいてくれ、
Sさんは自分が何をしたいのか今の会社の安定した生活を続けていくのか
とても悩んでいたので心から嬉しかったのだそうです。

就職してまだ間もないのに、何かが足りないと感じているSさんに対して
エージェントの方は「それならコンサルタントとして働いてみませんか」と切り出してくれました。

Sさんは自分の可能性を広げたいとここで転職活動を本格的に始めようと「はい」と答えたそうです。
そしてすぐに面接のフィードバックを頂き、
その会社の方の話しを聞くと「即戦力」との言葉が沢山でたそうです。

SさんはSIerとしてやっていた仕事とコンサルタントの仕事が同じとは思えなかったことから
少し不安になってしまったといっていました。
ですが話を重ねていくごとに「役回りは近いのではないか」ということに気づいたのだそう。

その後は面接もスムーズに進んでいき、いざオファーという段階にまでなったとのことです。
Sさんはこの転職活動について、大学時代の同期にどうしても
負けたくないとキャリア採用で会社を選んだといっていました。

今の安定した職を捨ててまで踏み出した一歩にはそういう意味が込められていたのですね
そして転職先の会社ではプレッシャーを日々感じていながらも、
期待されているならどこまでも頑張ろうという気持ちになっていると、
Sさんにとってはその気持ちこそが転職を考えた理由だったのだと感じます。

そして最後に今までの経験がどこまで出せるのか、そして通用するのか。
全力でぶつかり試してみたい!と話されていました。

転職を始めるきっかけは人それぞれですし、探し方も人それぞれ違うとは思いますが、
どうせするなら自分の本気を出せる会社そして頑張りたいという気持ちを
引き出してくれる転職サイトを選んでみてはいかがでしょうか。

BIコンサルタントに転職

転職の様々な理由

会社の都合で転職を考えている方や、
もっとスキルアップしたいと考えている方の為に
実際に転職活動をされた方の経験談を書いていきたいと思います。

20代後半のBIベンチャー企業に勤務されている男性Aさんの転職の経験談を紹介します。
会社に入社してから3年が経った時、社内で沢山の問題が目立つようになっていたそうです。

そこに嫌気を感じてしまったAさんは転職を考えはじめたのだそうです。
Aさんは前職での実績があり、ありがたいことに多数のエージェントや
企業からスカウトメールを頂いたのですが、どれも興味を持てるものではなかったのだとか。

アクシスとの出会い

そんな中、コンサルタント転職で有名なアクシスから
頂いたメールがとても好印象だったそうです。

というのも今までの企業からきたメールには量や質そして年収などを前面に出したものが
多くどれも納得のいくものではなかったそうなのですが、
こちらの会社からのメールはこれらとはまったく異なるものでした。

確かにAさんの以前勤めていた会社やその実績などを考えたら、
どんな会社も欲しいと感じますし、やはり営業的なメールを送ってしまうのも無理はありません。

しかしこのアクシスはそんなAさんに新鮮味を与えたのと同時に好印象を与えたのです。
そこで実際にお会いしてお話を聞くことになり、会社情報などを詳しく説明してもらったそうです。

するとメールの印象通りの会社で、個人の希望やキャリアなどとても真剣に考えていらっしゃる会社で
Aさんもとても納得してアクシスであれば転職活動を任せても問題ないと思ったといっています。

そしてこの後に他社のエージェントの方とも面談を行ったそうなのですが、
最初のメールの印象のままだったそうで、やはりアクシスとの出会いは
とても良いものだったと感じたのだそうです。

まだしっかりと転職に対して行動を起こしていなかったAさんですが、
アクシスとの面談後に本格的に転職活動を開始することになりました。

ですがAさんの転職活動は簡単ではありませんでした。
希望にあった企業や複数の企業に応募したのだそうですが、
どれも書類選考で落ちてしまったということです。

そんな状態の中でもエージェントの方は良いことも悪いことも含めて包み隠さず伝え、
まだまだ頑張りましょうと言ってくれる姿は、
Aさんの背中をおしてくれる友人のように心強かったといっていました。

そしてようやくAさんの経験と希望を満たした企業の求人があり、
面談を行い順調に選考が進んだそうです。
そして晴れてオファーをいただき、話が進んだとのことです。

アクシスは企業と個人を繋いでいるという重要性をしっかりと位置づけており、
Aさんの不安要素や希望などを満たしてくれています。