30代女性の転職の経験談

30代女性の転職活動

私は30代女性ですが、転職をしようと試みて現在転職活動まっ最中です。
そこで、今まで感じたことなどをお話しすることで、同じような境遇の人の参考になればと思います。

まず、私は今の会社にそんなに不満を持っていたわけではないのですが、
何となくこの会社でずっと働くことに対してこのままでいいのかなと思い始めました。

そこでインターネットの転職サイトに登録してキャリアカウンセラーの方に相談したところ、
一度仕事や職場をかわる方向で道を新しく探してみてもいいのではないかということになったのです。

これをきっかけに仕事の棚卸や人生設計を含めて色々と活動することにしたのです。
まず、キャリアカウンセラーの方に職務経歴書を見てもらい、
とりあえず興味がありそうな会社、自分がうかりそうな会社などの求人票を出してもらいました。

職務経歴書に関しても、その場で少しチェックが入りました。
体裁を整えるということと、職務そのものを書くだけではなく、
そこで培った力や技術について細かく書くということを指導してくれたのです。

また、実績については数字ベースのほうが相手に与える印象が具体的で良いということでしたので、
営業だったら売上だったり、
管理部門だったら何人規模の会社だったとかいう点を入れるようにアドバイスしてもらいました。

募集されている求人の数が自分が思っていたよりももっと少なくてがっかりしました。
というのも、30代に求められる能力というのは、即戦力ということだからです。

市場価値

私自身どこまでスキルがあるかというと、
「市場価値があります」と自信を持っていえるほどの仕事をしていません。
ブランクも少しあったので、その点に関して突っ込まれるということだったのです。

ちなみに、ブランクは半年程度あるとその技術や知識は陳腐化されるという意味で、
即戦力扱いしてもらうことが難しくなります。

そこで、即戦力以外の仕事というと未経験ということになりますが、
実際は20代に未経験の仕事が集中しており、30代になるとなかなか未経験の仕事というのは難しいです。

私のような30代女性が仕事を変わるということは、非常に難しいような気がしてきました。
そこで、キャリアカウンセラーの方からアドバイスを受けたのですが、
今の職務に関係のあるような資格を取得することをすすめられました。

私は経理の部署にいたので、とりあえず簿記の資格を取得することから始めることにしたのです。
また、一度仕事をやめてしまうとブランクの点も企業にとってはマイナスということでしたので、
なるべくなら仕事の合間に活動を行い、失業期間がないようにすることを心がけたのです。

仕事をしながら資格のための勉強もして仕事を探すというのは非常に大変でしたが、
今よりも条件のいいところに勤められるようになりたかったので、とりあえず頑張ろうと思って続けていました。

すぐに見つかるということはありませんでしたが、
ある時に紹介してもらった求人の会社を受けてみたところ、
採用に至ったのでほっとしましたし、また転職をして間違ってなかっと心から今思います。

私の同級生は結婚して子育をしながら仕事復帰を機に保育士になった子もいます。
学生時代にとっていた保育士免許を利用し、
さらに子育ての経験も生かせる仕事として保育士を選んだそうです。

その友人曰く今は保育士の求人がすごく増えているそうです。
さらに正規職員だけでなくパートではたらく女性も多いそうなので
主婦として待遇が良い環境が揃っていると話していました。

保育士用の求人サイトなんかを見ると納得でした。
保育士の求人転職情報→ 【保育士求人ナビ】
こういう業界に転職するのもありですよね。