カラーコンサルタントの仕事内容

色の専門家

様々なお仕事がありますが、中でも「色」という一分野に対しての専門家として、
カラーコンサルタントがあげられています。

とはいえカラーコンサルタントとは、
いったいどのような仕事なのかわからないという方も多いでしょう。

そこでカラーコンサルタントのお仕事について、説明したいと思います。

カラーコンサルタントとは科学や心理学、
そして経済的な視点など多角的にとらえ、
お客さんのニーズを理論的にカラーという分野から判断します。

その為販売のためのヒントや商品開発のためのアドバイスを提供するお仕事として、
多くの人に認識されていますね。

色を上手に活用することによって商売購買意欲を飛躍的に増すことが可能であるという発想から、
多くの人が販売や商品開発のためにカラーコンサルタントの元を訪れています。

どんな仕事をするのかというと、お客さんの相談を受け、
販売に対してのコンセプトなどを聞き、
ディスプレイなどのカラーについてのアドバイスなどを提供したりします。

また広告デザインなどの製作に協力したり、
商品を新しく開発するときに、
コンセプトを聞いて最良の訴求力を持つカラーを提案する仕事です。

一般のお客さんのためには、
自分自身でどんなカラーを身につけたら魅力的に感じられるのかということをアドバイスする仕事や、
女性に向けたメイクやファッションのためのアドバイスを提供するお仕事といえます。

実際に似合うカラーがわかると、
自分自身で似合う色を積極的に身につけることが多いので、
その分その人の魅力が増します。

人間的な魅力を増すためにもアドバイスを受ける人が急増しているので、
ニーズの高い市場であり人気のある職業といえるでしょう。

有名なカラーコンサルタント

有名なカラーコンサルタントになると、
大きな会場での講演会や具体的に多数の人間のカラーアドバイスなどを提供することも請け負っています。

どのような資格が必要なのかというと基本的にカラーコンサルタント専用という資格はありません。
カラーコーディネイターの資格を持っている人がほとんどです。
また心理学的な面からカラーセラピストとしての資格を取得している人も少なからず存在しています。

具体的な資格の名称とすると文部科学省が認定しているファッションコーディネート色彩能力検定や、
ICD国際カラーデザイン協会が認定しているカラーデザイン検定、
色彩士検定など多岐にわたった資格が必要となっています。

資格は基本的に年齢などによっての制限がないので、
どなたでも資格試験お受験ができるといえますね。

教育機関はあるかどうかについてですが、
基本的にカラーコンサルタント専用学科というよりも、
カラーコーディネイター用の学校に通い、
更にその先の進路でカラーコンサルタントを選ぶ選択をする人が多いのが実情です。

講座は複数の学校で学ぶことが可能となっていますし
、夜間や通信講座なども存在しているので自分にあったスクールを選ぶと、
学習を比較的簡単に進めることが可能となっています。

オンラインでの比較サイトを参考にすると資料請求は簡単にできるでしょう。

不動産について

不動産の売買

不動産を売買する時というと大きな金額が動き、
その意思決定にはリスクを考慮しつつ進める必要があります。

個人で自分の住居用として新しい家を買う場合には、
費用の捻出に自らが苦慮しなければなりませんが、
今後のその不動産の価値の変動とか将来の価格の推移とかを考える必要はありません。

ところが、企業が自社ビルとして購入する場合においては、
将来に移転する場合に備えて売却想定価格を決めておく必要があります。

また、個人または企業として、
人に賃貸するアパ-トとかマンションを貸出する場合には、
今後の賃貸市場動向のこととか税制の変化のこととかを知っておかねばなりません。

そのような場合の、
オ-ナ-の不動産に関わるあらゆる悩みに対して
その打開策を提案するのが不動産コンサルタントの仕事になります。

不動産コンサルタント

その仕事のすそ野は非常に広く、
不動産を斡旋した業者の守備範囲ともかなり重なっているのです。

ただ不動産斡旋業者はサ-ビスの一環として情報を提供し、
不動産コンサルタントは業務の一環として提案という形での情報提供を行っていくのです。

不動産コンサルタント、つまり不動産コンサルティング技能登録者になるためには、
国土交通大臣認定の元、この認定試験に合格する必要があります。

またこの資格を取得するための人的要因には、
在宅建物取引主任者又は不動産コンサルティングの交付を受けたもので、
ちなみに試験科目は経済、金融、税制等 全てで6科目なのです。

6科目については、広く浅く普通に勉強すれば、及第点はとれるはずです。

ちなみに具体的に不動産コンサルタントで求められている人材とはどんな人なのでしょう?
たとえば遺産相続での土地の有効活用について遺族がもめた場合に、
争いを終息に向かうように提案を出して働きかけることが出来る人。

であったり企業が自社ビルを売り払う時に現金で本当に今売却するほうがいいのか?
あるいはこのままの方がいいのかを各種の情報を元にし、
オーナーに提言するといった活動までをしっかりと妥協する事なくこなす事が出来る人です。

雑駁に言うと、バブル過ぎてから不動産業界もかなり変わりました。

以前は売る買うといった動きの中で それなりの利益が出るような時代でした。

そんな時代はあまり不動産コンサルタントという
広い視野をもった人の判断力は必要とされていなかったのです。

ですが今は状況がガラリと変わっており、
右下がりの長引く不況の影響で物件の価格が右上がりに上がっていくということはあり得ません。

こういう時代には物件の動向、地域の動向、世界経済の動向、
税制の変化等 広い視野で総合的に判断して不動産に対しての
次に何をするべきかといったスキルが求められます。

不動産コンサルタントはまさにこの時代が必要としている位置にあり、
企業も自己勝手な判断では失敗するのが見えているので、
不動産コンサルタントの提案に耳を傾けます。

その大きな役目を任されるという事なのですから
責任もとても大きなものだと感じますが、
それと同時にやりがいスキルアップといった充実したメリットもあるというのが言えるでしょう。

環境コンサルタントとは…

環境コンサルタント

環境コンサルタントは、
いわゆる環境にまつわるあらゆる事柄をコンサルティングする仕事です。

古くは土壌汚染や水質汚染、
工場排水やばい煙など公害問題を改善するためのコンサルティングに始まりました。

現在ではそうした環境汚染の解決に加え、
地球温暖化防止のためのCO2排出量の削減に関するコンサルティングや省エネに関するコンサルティング、
環境共生や自然再生エネルギーの導入、
資源循環利用システムの導入などに関する環境政策の側面からの
コンサルティング事例も多くなりそれを専門に手掛ける会社も増えています。

最近のコンサルティング事例を中心に見て行きましょう。

例えば自治体や企業からの依頼を受けて新エネルギーの
導入調査や省エネルギーシステムの導入の提案や実行支援を行います。

新エネルギー

新エネルギーは太陽光や風力、地熱といった自然再生エネルギーだけでなく、
廃棄物や都市排熱を利用した新たなエネルギー源の創出やアイディアの提供、
バイオマスや天然ガス、燃料電池を活用したコストが安く高効率なエネルギーの利用などです。

環境コンサルタントは、
資源が枯渇しCO2排出量の多い化石エネルギーに変わるエネルギーの提案や創出を行います。
将来性があると同時に、総合的かつ大きなビジョンのもと、
働きがいと発展性のある仕事といえます。

環境コンサルタントの資格として有利なのもは
業務責任者レベルのものを2つから3つほど持っていることが望ましいようです。

自然環境を目的としてコンサルティングを望んでいる人には「ビオトープ管理士」があげられます。

この資格には1級と2級があり、さらに「計画管理士」「施工管理士」と分かれています。
1級では実務経験がいるのですが2級では受験資格はとくにありません。

6月~8月にはセミナーが随時行われているので受験者は積極的に参加してみると良いでしょう。
そして次は「環境再生医」と呼ばれているものです。

こちらの資格には上・中・初と3階級あり、
初級は指導者の補佐といった仕事を行う時に必須となります。

更に中級では環境コンサルのプロジェクトを推進するに当たり、
上級ではプロジェクトの推進、教育・指導などすべてのことを任される人に必要な資格となります。

どういった人がなれるのか

それでは実際に環境コンサルタントで求められる人材とはどのような人なのでしょうか。
環境といってもその分野はとても広いですから、
自分の進みたい分野そして自分がどのようにスキルアップしていくのかを明確に持った方が良いでしょう。

またコンサルタントはお客様と直接お話をする仕事でもあるので、
環境のことはもちろんですがコミュニケーション能力のある人が求められています。

そして必要なスキルとしては、やはり資格を習得して実務につき、
そして技術者として学び専門家として
お客様の前に出るのですから基礎をしっかりと学んでおく事が必要です。

環境分野に優れた知識と表現力や人間性といった
優れたコミュニケーション能力がこの環境コンサルタントでは必要なスキルとされています。

あと実務経験をたくさん積んでおけば、
会社でもお客さまにも重要視されることがあるので基礎をしっかりと学んでおきましょう。

会計コンサルタントの仕事内容って?

会計コンサルタント

会計コンサルタントの仕事は税務会計に関連する業務に加え、
経営コンサルティングの業務を行います。

会計コンサルティングを手掛けるのには主に税理士資格の保有者が多いようです。

税理士法人などが弁護士や社会保険労務士等の専門家と連携しながら、
コンサルティングを行っていきます。

税金と経営って関係があるのだろうか?と思われる方もいるかもしれません。

しかし税金は経営がうまくいって利益が出れば発生するものですし、
逆に税金が払えないような赤字が出た場合にはその後の経営について経営手法を検討したり、
建て直し計画を立てる必要が生じます。

また税金の支払いは企業経営においてはコストとして認識されるので、
限られた経営資源をいかに事業に費やし
税金を抑えつつ利益を出すといった考え方も重要になってきます。

その意味で税理士が会計コンサルタントとして
経営のマネジメントに関わることはとても大切なことなのです。
会計コンサルタントとしての仕事は多岐にわります。

たとえば起業したい方のコンサルティングやサポートを行うのも1つの仕事です。

仕事内容

会社の設立にあたり経営計画の策定をアシストしたり、届出書など税務手続きの代行や、
会計帳簿の整理、金融機関から融資を受けるのに必要となる起業計画書の作成サポート等を行います。

会計コンサルタントには、フットワークの良さや経営センスなども求められるといえそうです。

次に、会社設立後は会社経営に常に付きまとう税務対策をサポートします。
納税のシミュレートや税金対策、各種届け出書や申告書の作成を行います。

会社の税金だけでなく、社長や役員の個人資産についての税金対策を行なうこともしばしばです。
そのため単に税務会計の知識やスキルがあるだけでは足りず、コミュニケーション力とともに、
個人資産も任せてもらえるような信頼関係の構築が重要となります。
決算期には決算および報告書の作成とともに、
次年度の利益計画やキャッシュフロー計画などを立てます。

単年度だけではなく継続的な成長や利益体質への改善をめざし中期経営計画を立て、
適切な経営資源の配分をアシストするのも会計コンサルタントの役割となっています。

こうした業務は、顧問契約を結んで行うことも多いです。

さらに今後の顧問契約を結ぶ入り口として行われるのが、経営診断や営業戦略診断です。
決算書類や財務状況の数値データの確認と、現場の調査などから現状分析を行い、
経営改善案の提案などを行います。

さらに得意分野である経理のアウトソーシングを担うこともあります。
日々の会計帳簿の作成や従業員の給与計算や管理など、
煩雑な業務を丸ごと引き受ける事も必要なスキルなのです。

専門家が行うので帳簿の整理がスムーズであるとともに、
何か問題点や改善すべき点に気づけばすぐに営業上や経営上のサポートを受けることができます。

また給与計算も源泉所得税の計算、社会保険料の徴収などを引き受けつつ、
必要があれば賃金制度や評価制度の見直しを提言することもあります。

このように会計コンサルタントには会計や税務の正しい知識と運用能力とともに、
数値から現在抱える問題を読み解く能力や、将来を見据えた計画立案能力などが求められるのです。

インフラコンサルタントとは?

インフラコンサルタント

皆さんはインフラコンサルタントというのをご存知でしょうか?

インフラコンサルタントとは、会社が抱える事業戦略や会社のトラブル等に対して、
それらを的確に問題を解決する手段の具体化、支援を行う仕事なのですが、
昨今では主にITを駆使してやる仕事なのです。

昨今情報社会は急速に発展して、競争力向上のために必要とするインフラは増大しています。

大企業もそうですが中小企業も無駄にITインフラを使っていて、
だぶついていることがあります。
その無駄を削減して軽量化したいという気持ちがあるでしょう。

しかし軽量化をしたらセキュリティ面が弱ってしまい、
リスクが高まることがあり得るでしょう。
どのような問題があるのでしょうか?

例えば総合コストの削減をしたくても、
どう進めてもわからない場合がありますでしょうし、
急激な変化に対応できずに会社が構築したシステムに追いつかないという問題があります。

いかに複雑化に対応するために、
簡略化を推し進めたとしてもシステムも保守とシステムの
運用のコストが上昇してどう投資効果を得ていいかわからないというのもつらいでしょう。

こうした問題を解決しようとするのがインフラコンサルタントなのです。
彼らは企業を救うためにとって重要な仕事をしてくれるのです。

仕事内容

どのような仕事をするかといいますと、主にマネージメント、コンサルタント等がありますが、
マネージメントは企業の上層部を支援するべく、戦略の発案、
作戦を立てたことによる効果の予想などのマネージメントを行うことが一つあげられます。

コンサルタントとは経営の理念と目的を達成するために企業の財務と会計管理、
人事や生産等を統括するために開発されたソフトをうまく利用して
企業改革を実現させるお手伝いをすることです。

社内システムの見直しを行うことは大切で、これらが最適化が出来れば
単なるコストを削減するだけでなく企業内部の引き締めや、情報セキュリティー、
効率的なシステム運用の課題を解決して企業活動がうまくいく上で重要なのです。

このようにインフラコンサルタントとは会社という
大きな組織をいかに正常に機能するためのかじ取りをする重大な仕事で、
とても魅力がある仕事となります。

ではインフラコンサルタントで
求められるスキルや人材とはどのようなことなのでしょうか。

コンサルタントは人と接している商売なので、
語学力(英語もそうなのですが、日本語力も必要)ヒアリングや分析力などが問われてきます。

例えば顧客のヒアリングには3年程度の実務があれば転職に有利だとされていますし、
他にもシステム提案やネットワークの構築、性能分析に至っても
3年以上のスキルがあった方が有利なのです。

インフラコンサルタントで転職を考えている場合、求められている人材は
自分の手で端末を叩きさまざまな問題を対処する能力と経験が必要とされています。

つまりは現場で即戦力となる人が求められていると言えるでしょう。

きものコンサルタントってどういう資格なの?

きものコンサルタント

きものコンサルタントは、
社団法人全日本きものコンサルタント協会が認定する資格です。

リンク:全日本きものコンサルタント協会
全日本きものコンサルタント協会は、文部科学省と経済産業省認可の公益法人で、
きものの着装と礼法を通じて美しい人生の生き方を指導することを目的に設立されました。

我が国の民族衣装である着物の着装や礼法、
伝統的な日本人の美意識や振る舞い等の知識や技能の
普及、およびその基準作成とコンサルタントの認定、
実技指導を行う国の認定機関という位置づけです。

きものコンサルタントはきものの美しい装いを通じ、装道と礼法を身に着け、
きものの文化やきもので生活する際の振る舞いや意義などの指導を通じ、
きものに関することだけでなく人としての人間教育を行う教育者的役割が期待されています。

人間教育とは装道哲学に基づいた美しい生き方の教えです。

つまりきものコンサルタントに求められる人材は単に着物に詳しいとか、
着物を上手に着られる、コーディネイトが上手いというだけでは足りません。

品性が豊かで立ち居振る舞いも美しく、言葉使いが丁寧で挨拶がしっかりでき、
人とのコミュニケーションが上手に図れる笑顔の素敵な人が求められています。

そして着物を着れるのは当たり前の話で、
コンサルタントしていかに人を惹きつけ、
着物への興味を持たせて説得力ある話法ができるかや、
指導力があるかが大きく問われるようです。

海外に人気がある

国際化がどんどん進んできていることもあり、
日本を代表するきものは海外でもニーズがあります。

そのためにもコミュニケーション能力として英語を学んでおくことがとても大切でしょう。
現在日本におけるきものコンサルタントの数は10万人余りで、
その指導を受けたきもの愛好者は5百万人を超えると言われています。

きものコンサルタントになるためにはしっかりとスキルを身につけなければいけません。
全日本きものコンサルタント協会の実施する一般認定試験を受験し合格基準を満たさねばなりません。

試験の受験機会は年に1度です。
受験資格が認められるのは、2年以上のきものの着装指導経験がある方、
きもの学院やきもの教室の卒業生で220時間以上の教育を修了した方、
その他協会が資格ありと認めた方のいずれかになります。

試験日程は2日間で1日目と2日目の午前中は予備講座という試験対策の時間にあてられます。

その後2日目の午後から試験が開始され、実技試験と筆記試験が1時間ずつ行われ
予備講座ではまず最初の1時間で装道の理念・きものの知識に触れた後、振袖を着る際に自ら行う
ふくら雀の自装、留袖を他人に着せる場合の他装の方法とその話法について学んでいくのです。

試験内容についてですが、筆記試験で問われるのは、服飾史、きものや帯の種類、小物や下着の種類、
きもの・帯・下着等の素材の知識、きもの・帯・帯締めの調和美やきものと髪形の調和美、
きものと化粧の調和美、仕立てのポイント、着装のポイント、きもののマナー、
きもののしみ抜きや管理方法など、幅広く出題されます。

実技試験では、着装実技のほか、説得能力や指導能力といった話法についてと、
きものコンサルタントとしての演出能力について確認を受けます。