カラーコンサルタントの仕事内容

色の専門家

様々なお仕事がありますが、中でも「色」という一分野に対しての専門家として、
カラーコンサルタントがあげられています。

とはいえカラーコンサルタントとは、
いったいどのような仕事なのかわからないという方も多いでしょう。

そこでカラーコンサルタントのお仕事について、説明したいと思います。

カラーコンサルタントとは科学や心理学、
そして経済的な視点など多角的にとらえ、
お客さんのニーズを理論的にカラーという分野から判断します。

その為販売のためのヒントや商品開発のためのアドバイスを提供するお仕事として、
多くの人に認識されていますね。

色を上手に活用することによって商売購買意欲を飛躍的に増すことが可能であるという発想から、
多くの人が販売や商品開発のためにカラーコンサルタントの元を訪れています。

どんな仕事をするのかというと、お客さんの相談を受け、
販売に対してのコンセプトなどを聞き、
ディスプレイなどのカラーについてのアドバイスなどを提供したりします。

また広告デザインなどの製作に協力したり、
商品を新しく開発するときに、
コンセプトを聞いて最良の訴求力を持つカラーを提案する仕事です。

一般のお客さんのためには、
自分自身でどんなカラーを身につけたら魅力的に感じられるのかということをアドバイスする仕事や、
女性に向けたメイクやファッションのためのアドバイスを提供するお仕事といえます。

実際に似合うカラーがわかると、
自分自身で似合う色を積極的に身につけることが多いので、
その分その人の魅力が増します。

人間的な魅力を増すためにもアドバイスを受ける人が急増しているので、
ニーズの高い市場であり人気のある職業といえるでしょう。

有名なカラーコンサルタント

有名なカラーコンサルタントになると、
大きな会場での講演会や具体的に多数の人間のカラーアドバイスなどを提供することも請け負っています。

どのような資格が必要なのかというと基本的にカラーコンサルタント専用という資格はありません。
カラーコーディネイターの資格を持っている人がほとんどです。
また心理学的な面からカラーセラピストとしての資格を取得している人も少なからず存在しています。

具体的な資格の名称とすると文部科学省が認定しているファッションコーディネート色彩能力検定や、
ICD国際カラーデザイン協会が認定しているカラーデザイン検定、
色彩士検定など多岐にわたった資格が必要となっています。

資格は基本的に年齢などによっての制限がないので、
どなたでも資格試験お受験ができるといえますね。

教育機関はあるかどうかについてですが、
基本的にカラーコンサルタント専用学科というよりも、
カラーコーディネイター用の学校に通い、
更にその先の進路でカラーコンサルタントを選ぶ選択をする人が多いのが実情です。

講座は複数の学校で学ぶことが可能となっていますし
、夜間や通信講座なども存在しているので自分にあったスクールを選ぶと、
学習を比較的簡単に進めることが可能となっています。

オンラインでの比較サイトを参考にすると資料請求は簡単にできるでしょう。