公認会計士に転職した体験談

公認会計士に転職

仕事と勉強の両立

大学に在学中から公認会計士の試験勉強を行っていて、試験にも挑戦しましたがなかなか結果が出ませんでした。
そうこうしている内にあっという間に3年生になってしまい、ひとまずどこかに就職しなければならないと思い、試験勉強や試験の傍らに就職活動を行い、結局保険会社に入社することになりました。
その会社は世間的には名の通った所でしたので、家族などはとても喜んでいましたが、私の中には公認会計士になる夢があったので、たまたま金融関係の業界を中心に就職活動をしていたら、そこから内定をもらい入社したという感じです。
試験勉強は入社後も出来ると思い、家族などには伏せておいて密かに勉強を始めていくつもりでしたが、実際に入社してみるとそんなに甘いものではありませんでした。

日々の残業は当たり前ですし、入社後まもなくして殺伐とした雰囲気の社内にいることが、とても嫌になってきました。
しかしながらこのご時世ですのでいきなり転職しようともそう簡単には勤務先以上の会社は見つからないと思い、流されるかのようにその会社に2年ほど居続けたのです。

勉強に専念

当然その間は公認会計士のための勉強はほとんどしていません。
しかしながらこのまま流されて、長い人生をこの会社に捧げるつもりはなかったので、家族の反対などを押し切って退社して公認会計士の勉強に専念し、なんとか公認会計士に転職することが出来ました。

同じような境遇の方を始め、公認会計士を目指される方の参考になれば幸いです。
退社後1年目は試験に不合格となりましたが、転職の励みになるようにと転職支援サービス会社に登録して、
会計士・税理士事務所の求人|会計求人プラス
転職に向けたアドバイスやキャリアプラン作成などを行いました。
これは試験勉強の際の良い励みとなり、試験勉強と転職に対するモチベーションが高くなりました。
こうしたサービス会社のカウンセリングの方は、当然転職のノウハウを熟知されているので、ただ考えられる企業を紹介するだけではなくて、転職の意義付けや選択肢を幅広く紹介してくれましたよ。

これまで考えたことのないような業種もあって大変興味を惹かれました。
こうしたカウンセリングを受けて、自分自身の中に確たる根拠や希望が明らかになったことは、最大の収穫でした。
2年目にしてやっと念願の公認会計士試験に合格し、自分自身とてもほっとしましたが、陰ながら見守っていてくれた家族の喜んだ顔は、今でも脳裏に焼き付いてます。

ただし就職していない私にとってはこの合格は転職の一歩に過ぎません。
そこでいよいよ転職活動を本格的にすることにしました。
やはりこの資格が活かせる場所は金融業界ですので、その業界を中心に活動をしようと思いました。

ただし次に入社した際には直ぐにやめることだけは避けたかったので、会社のブランド名だけではなく自分の力が発揮できそうな会社を、自分の目や耳で確認して真剣に探そうと思ったのです。
ですので実際に転職活動をした際には金融業界だけではなく、他の業種の金融や経理財務にも幅を広げて活動を行いました。

最終的には証券会社に採用が決まり、現在はそこで充実した日々を送っております。
試験勉強の合間に転職支援サービス会社を利用してみましたが、そこで受けたカウンセリングなどはとても参考になりす。

Written by